コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遅遅 チチ

デジタル大辞泉の解説

ち‐ち【遅遅】

[名](スル) おくれること。とどこおること。
「今更―する事かはと辞(ことば)鋭く議せらるれども」〈条野有人・近世紀聞〉
[ト・タル][文][形動タリ]
物事の進行がおそいさま。ゆっくりしているさま。「遅遅としてはかどらない」
「落葉と青苔を踏む―たる庭下駄の歩みにつれて」〈荷風・見果てぬ夢〉
日が長くのどかであるさま。「春日遅遅たり」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちち【遅遅】

( トタル ) [文] 形動タリ 
物事がすらすらと進まず、時間がかかるさま。 「 -として進まず」 「 -たる歩み」
日が長くのどかなさま。 「春日-たり」
( 名 ) スル
おくれること。予定の時を過ぎること。 「水に倒れ入り、装束をぬらし御神楽に-したりけるに/平家 6

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

遅遅の関連キーワード値・地・恥・智・池・治・痴・癡・知・稚・緻・置・致・遅・遲・馳庭下駄春日

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android