コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぼやぼや ボヤボヤ

デジタル大辞泉の解説

ぼや‐ぼや

[副](スル)
注意が散漫でぼんやりしているさま。「ぼやぼや(と)しないでさっさと荷物を運べ」
髪などが、伸びて乱れているさま。ぼうぼう。
「―した頭髪を」〈花袋・一兵卒の銃殺
炎や湯気などが盛んにたちのぼるさま。
「つい―と燃やして」〈浄・太功記
[形動]2に同じ。
「断髪がすっかり伸びて―になったつわりの女房は」〈石川達三蒼氓
[アクセント]ヤボヤ、はボヤボヤ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼやぼや

[1] ( 副 ) スル
気づかなかったり、やり方がわからなかったりして何もしないでいるさま。不注意なさま。ぼんやり。 「 -するな。早く行け」
火や湯気などの立ちのぼるさま。 「つい-と燃やして/浄瑠璃・太功記」
[0] ( 形動 )
髪などがのび乱れているさま。 「 -の髯を捻りながら/社会百面相 魯庵

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ぼやぼやの関連キーワードアクセントつわり頭髪湯気断髪

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぼやぼやの関連情報