コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

のさのさ ノサノサ

デジタル大辞泉の解説

のさ‐のさ

[副]
ゆっくりと歩くさま。のそのそ。
「傍らの叢(くさむら)から、―と出たのは蟇(ひき)で」〈鏡花高野聖
のんびりしているさま。
「いとしづかに馬を飼うて―としてぞ居たりける」〈太平記・三六〉
横柄に振る舞うさま。遠慮のないさま。
「あいつめが初心ななりで、―と乗り上がって」〈虎明狂・禰宜山伏

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のさのさ

( 副 )
(多く「と」を伴って)
のんびり構えているさま。のうのう。 「いと静かに馬を飼うて-としてぞ居たりける/太平記 36
恥ずべきことをしていながら平気なさま。のめのめ。おめおめ。 「土佐は腹をも切らで、武蔵坊に-と捕られける/義経記 4
横柄に振る舞うさま。 「あとへ、相役、岩代多喜太、-と座に直り/浄瑠璃・生写朝顔話」
ゆっくりと歩くさま。のそのそ。 「背後うしろを-と跟けて来て/日本橋 鏡花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

のさのさの関連キーワードくさむら

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android