金山(読み)かなやま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金山(岐阜県)
かなやま

岐阜県中東部、益田郡(ましたぐん)南端にあった旧町名(金山町(ちょう))。現在は下呂(げろ)市の南西部を占める一地域。1890年(明治23)町制施行した武儀(むぎ)郡金山町と1896年町制施行した菅田(すがた)町が、1955年(昭和30)益田郡下原(しもはら)村、郡上(ぐじょう)郡東村と合併し、益田郡金山町となる。2004年(平成16)益田郡の萩原(はぎわら)、小坂(おさか)、下呂の3町および馬瀬(まぜ)村と合併、市制施行して下呂市となる。旧金山町の中心地区は飛騨川(ひだがわ)と支流馬瀬川の合流点にあり、JR高山本線、国道41号、256号が通じ、関市や郡上(ぐじょう)市に通ずる主要地方道がある。飛騨川沿いは飛騨木曽川国定公園(ひだきそがわこくていこうえん)に含まれ、中山七里が有名である。飛騨川や馬瀬川にはダムが多く、馬瀬川の岩屋ダムは多目的ダムとして建設されたものである。岩屋ダム近くにある岩屋岩陰遺跡(県指定史跡)は太陽暦に関係した巨石群として注目されている。[上島正徳]
『『金山町誌』(1975・金山町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金山の関連情報