コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しおらしい シオラシイ

デジタル大辞泉の解説

しおらし・い〔しをらしい〕

[形][文]しをら・し[シク]《「しお(萎)れる」の形容詞化か》
控えめで従順である。慎み深く、いじらしい。「お見合いの席で―・く振る舞う」
かわいらしい。可憐である。「岩陰に小花が―・く咲く」
けなげである。殊勝である。「いつもは腕白な子が―・いことを言う」
上品で優美である。
「紙幣いくらか取出して小菊の紙に―・く包みて」〈一葉十三夜
(反語的に)こなまいきで、かんにさわるさま。こざかしい。
「―・しき有財餓鬼(うざいがき)、この世の暇(いとま)取らさん」〈浄・廿四孝
[派生]しおらしげ[形動]しおらしさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

しおらしいの関連キーワード岩陰

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しおらしいの関連情報