コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

素直(読み)スナオ

デジタル大辞泉の解説

す‐なお〔‐なほ〕【素直】

[形動][文][ナリ]
ありのままで、飾り気のないさま。素朴。
「―なる山家(やまが)育ちのたのもしき所見えて」〈露伴風流仏
性質・態度などが、穏やかでひねくれていないさま。従順。「素直な性格」「素直に答える」
物の形などが、まっすぐで、ねじ曲がっていないさま。「素直な髪の毛」
技芸などにくせのないさま。「素直な字を書く」
物事が支障なく、すんなり進行するさま。
「餌食を―に与へざれば、痩せおとろへてぞありける」〈仮・伊曽保・下〉
[派生]すなおさ[名]
[補説]インタビューでスポーツ選手などが用いる「素直に嬉しい」は、混じりけなしの嬉しさだと強調したのか、結果に不満はあるが、それはそれとして嬉しいとへりくだって見せたのか、はっきりしない言い方である。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すなお【素直】

( 形動 ) [文] ナリ 
性格や態度にひねくれたところがなく、あえて人に逆らったりしないさま。 「 -な子」 「 -に従う」
技芸などに癖がないさま。 「 -な字を書く」
物の形がまっすぐであるさま。 「 -なるその一ふしもならふやと植ゑてや見まし窓の呉竹/新葉 雑中
飾り気がなくありのままであるさま。 「神世にはうたのもじもさだまらず-にして/古今 仮名序
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

素直の関連情報