コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卦体 ケタイ

デジタル大辞泉の解説

け‐たい【×卦体】

[名]易の算木(さんぎ)に現れた卦の形。占いの結果。転じて、縁起。
[形動][文][ナリ]
《「きたい(希代)」の音変化とも》奇妙なさま。不思議であるさま。けったい。
「―なことの続くのは、何か変事のある知らせと」〈逍遥桐一葉
《「卦体が悪い」の略》縁起でもないさま。いやな感じがするさま。いまいましいさま。けったい。
「エエ、―な。俺たった独り振り残しをるな」〈伎・韓人漢文〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けたい【卦体】

( 名 )
易に現れたかたち。占いの結果。 「此前髪の真鍮星が毎晩夜ばひ星になつて邪魔するといふ-/浄瑠璃・新版歌祭文」
( 形動 )
〔「希代きたい」の転ともいう〕
奇妙なさま。不思議。けったい。 「 -なことの続くのは、何か変事のある知らせと、円観上人さまのお話/桐一葉 逍遥
しゃくにさわるさま。けったい。 「あた-な、いま〱しい/滑稽本・根南志具佐」
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

卦体の関連キーワードけったい卦体糞悪い

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android