コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大宮[市] おおみや

百科事典マイペディアの解説

大宮[市]【おおみや】

埼玉県南東部の旧市。1940年市制。中部は大宮台地で,東部は綾瀬川,南西部は荒川の低地台地中央部の中心市街は古代武蔵国府の所在地で,武蔵国一宮氷川(ひかわ)神社門前町であった。
→関連項目大宮[区]北[区]西[区]見沼[区]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおみや【大宮[市]】

埼玉県南部,大宮台地の中央部にある市。1940年市制。人口43万3755(1995)。台地周辺を限る綾瀬川と荒川沿いの低地および台地を刻む芝川鴨川の樹枝状谷には水田が多い。武蔵国一宮氷川神社の門前町として起こり,地名もこれに由来する。江戸時代中山道宿場町で,市も立った。1885年高崎線と東北本線分岐点として大宮駅が開設されてから鉄道の街となり,94年日本鉄道大宮工場が設立され,1927年大宮操車場が開業した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の大宮[市]の言及

【埼玉[県]】より

…翌年支配地は埼玉,品川,小菅3県に分割),下総知県事(同前,葛飾県),岩鼻県,韮山県の管轄地となったが,なお幕末以来の忍(おし)藩岩槻藩川越藩,および半原藩,前橋藩,高崎藩などの飛地が錯綜していた。71年廃藩置県を経て諸県は統合され,荒川を境に浦和(大宮県が改称),忍,岩槻3県の管轄地を中心とした埼玉県(埼玉郡と足立・葛飾両郡の一部)と,川越,半原2県の管轄地を中心とした入間(いるま)県(新座以下13郡と多摩郡の一部)に二分されたが,73年入間県は群馬県と合併して熊谷県となった。75年埼玉県は千葉県葛飾郡の一部を編入,足立郡の一部を東京府へ移管し,さらに翌年熊谷県の廃県に伴い旧入間県域を併合して,ほぼ現在の県域が確定した。…

※「大宮[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大宮[市]の関連キーワード

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android