コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小谷村 おたり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小谷〔村〕
おたり

長野県北西端,新潟県境にある村。 1955年南・北小谷村と中土村が合体して成立。西部は後立山連峰,東部は妙高火山群に続く山地で,中央を北流する姫川の谷に沿って主要集落があり,JR大糸線,国道 148号線 (糸魚川街道) が通る。林業と米作や雑穀栽培を主にした農村であったが,1960年代後半から観光業が発達。日本海岸気候の豪雪地にあるため,栂池 (つがいけ) ,小谷,北小谷などのスキー場が開かれ,春までスキー客でにぎわう。また白馬岳栂池高原の登山・観光拠点である。北部に姫川温泉,小谷温泉,来馬温泉などがある。村域の一部は妙高戸隠連山国立公園中部山岳国立公園に属する。面積 267.91km2(境界未定)。人口 2904(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

小谷村の関連キーワード白馬の里シェーンドルフユースホステル長野県北安曇郡小谷村中小谷丙長野県北安曇郡小谷村北小谷長野県北安曇郡小谷村千国甲長野県北安曇郡小谷村千国乙長野県北安曇郡小谷村中土白馬コルチナスキー場白馬乗鞍温泉スキー場長野県神城断層地震蒲原沢土石流災害栂池高原スキー場長野県北安曇郡糸魚川市の要覧小谷村の要覧初瀬川 健増大糸タイムス国民保養温泉初瀬川健増小谷(村)神城断層

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小谷村の関連情報