山本[町](読み)やまもと

百科事典マイペディアの解説

山本[町]【やまもと】

秋田県北西部,山本郡の旧町。西部には水田が開け,東部は山地で林野が広い。中心は奥羽本線に沿う森岳で,石油の試掘によって湧いた森岳温泉(食塩泉,63℃)がある。米を産するほか,ジュンサイを特産,全国へ出荷。2006年3月,山本郡琴丘町,八竜町と合併し町制,山本郡三種町となる。97.92km2。8455人(2003)。

山本[町]【やまもと】

香川県西部,三豊郡の旧町。讃岐(さぬき)山脈北斜面と,財田(さいた)川流域の三豊平野の一部を占める。米作が盛んで,タバコ,タケノコ,ミカンなどの栽培も行われる。古くは伊予方面から金刀比羅(ことひら)宮への交通要地で,現在はバス交通の中心地。2006年1月,三豊郡高瀬町,三野町,豊中町,詫間町,仁尾町,財田町と合併し市制三豊市となる。33.31km2。7808人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やまもと【山本[町]】

秋田県北西部,山本郡の町。人口9003(1995)。東部はほとんどが山林で占められ,西部の三種(みたね)川沿いに水田が広がり,八郎潟干拓地に続いている。中心集落の森岳(もりたけ)は古くは〈もりおか〉といい,江戸時代に山本郡の郡奉行所が置かれた地で,羽州街道の宿駅としても栄えた。主産業は農業で,米は郡内一の生産高を誇る。北部の金岡地区の洪積台地は国営総合開拓パイロット事業で開田され,大規模経営が行われている。

やまもと【山本[町]】

香川県南西部,三豊郡の町。人口7890(1995)。南は徳島県に接する。財田(さいた)川中流域に位置し,中央部は三豊平野南部にあたる。北東部は丘陵性の花コウ岩山地で,南部は讃岐山脈北斜面を占める。北部を横断する国道377号線は伊予街道,金毘羅(こんぴら)街道とも呼ばれ,伊予方面から金刀比羅宮に至る幹線道路で,道路沿いに街村が形成され,灯籠や道標が残る。農林業中心の町で,米,タバコ,たけのこ,ミカンなどの栽培が盛んである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android