コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本[町] やまもと

百科事典マイペディアの解説

山本[町]【やまもと】

秋田県北西部,山本郡の旧町。西部には水田が開け,東部は山地林野が広い。中心は奥羽本線に沿う森岳で,石油の試掘によって湧いた森岳温泉(食塩泉,63℃)がある。米を産するほか,ジュンサイを特産,全国へ出荷。

山本[町]【やまもと】

香川県西部,三豊郡の旧町。讃岐(さぬき)山脈北斜面と,財田(さいた)川流域三豊平野の一部を占める。米作が盛んで,タバコタケノコミカンなどの栽培も行われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やまもと【山本[町]】

秋田県北西部,山本郡の町。人口9003(1995)。東部はほとんどが山林で占められ,西部の三種(みたね)川沿いに水田が広がり,八郎潟干拓地に続いている。中心集落の森岳(もりたけ)は古くは〈もりおか〉といい,江戸時代に山本郡の郡奉行所が置かれた地で,羽州街道の宿駅としても栄えた。主産業は農業で,米は郡内一の生産高を誇る。北部の金岡地区の洪積台地は国営総合開拓パイロット事業で開田され,大規模経営が行われている。

やまもと【山本[町]】

香川県南西部,三豊郡の町。人口7890(1995)。南は徳島県に接する。財田(さいた)川中流域に位置し,中央部は三豊平野南部にあたる。北東部は丘陵性の花コウ岩山地で,南部は讃岐山脈北斜面を占める。北部を横断する国道377号線は伊予街道,金毘羅(こんぴら)街道とも呼ばれ,伊予方面から金刀比羅宮に至る幹線道路で,道路沿いに街村が形成され,灯籠や道標が残る。農林業中心の町で,米,タバコ,たけのこ,ミカンなどの栽培が盛んである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山本[町]の関連キーワード讃岐

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山本[町]の関連情報