コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

疾っく トック

デジタル大辞泉の解説

とっく【疾っく】

《「と(疾)く」の音変化》
[名]ずっと以前。とう。「疾っくからここに住んでいる」
「―の前(さき)、何処かへ、すっ飛んで居るんですから」〈鏡花婦系図
[副]
(多く「とっくに」の形で)ずっと前に。とうに。「食事は疾っくに済ませた」
「―申し聞かせんずれども」〈浄・女護島
速やかに。急いで。
「汝元来いづくより来たる。―去れ」〈浄・油地獄

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とっく【疾っく】

〔「疾く」の転〕
( 名 )
ずっと以前。とう。 「出かけたのは-のことだ」
( 副 )
早く。すみやかに。急いで。 「 -御供申さんため参候つかまつる/浄瑠璃・雪女」
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

疾っくの関連キーワード疾っくの疾う疾っくの昔とう

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android