関係(哲学)(読み)かんけい

百科事典マイペディアの解説

関係(哲学)【かんけい】

哲学,論理学用語。最広義には事象や概念の結びつき方。類似や対立,因果など。アリストテレスカテゴリーを10個とし,その一つとして関係をあげた。またカント実体と属性,原因と結果および相互作用を関係のカテゴリーとした。伝統的に,独立自存する実体がまずあり,その実体のあいだに〈関係〉が成立すると考えられてきたが,むしろ関係こそが第1次的であるとする存在論が近年の動向。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android