コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かっか(読み)カッカ

デジタル大辞泉の解説

かっか

[副](スル)
火が盛んに燃えるさま。「炭火がかっかとおこる」
ひどくほてるさま。「からだじゅうがかっか(と)する」
興奮して冷静さが失われるさま。逆上するさま。「あいつはすぐかっか(と)するたちだ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かっか

( 副 ) スル
(多く「と」を伴って)
熱気が非常に強いさま。火が盛んに燃えるさま。 「炭火が-とおこっている」 「 -と照りつける太陽」 「体中が-(と)する」
憤慨したり、発奮したりするさま。 「無能呼ばわりに-(と)する」 「頭に-(と)くる」 → かっかっ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

かっかの関連情報