がっしり

精選版 日本国語大辞典「がっしり」の解説

がっしり

〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 体、構造などがしっかりとして、強くたくましいさま、ゆるぎのないさまを表わす語。がっちり
※当世花詞粋仙人(1832)「しっかりつよいを、がっしりする」
※いさなとり(1891)〈幸田露伴〉一「田舎普請堅牢(ガッシリ)とした家」
② 物の、よく組み合わさったさま、よく一致しているさまを表わす語。がっちり。〔東京語辞典(1917)〕
※一九二八・三・一五(1928)〈小林多喜二〉二「渡が出て、皆の結束ががっしりした」
③ 事を確実に、しっかりと行なうさまを表わす語。
※文学の根本問題(1958‐59)〈中島健蔵〉八「そういう危機感を、がっしりと受けとめて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「がっしり」の解説

がっしり

[副](スル)物の構造や体格がしっかりしていて、力強く、また、簡単には壊れそうにないさま。がっちり。「がっしり(と)作られた戸棚」「がっしり(と)した体格」
[類語]がちっとがっちりしっかり固いきついぎゅっときゅっとかっちりしかひしとぎゅうきゅうきゅうぎゅうぎゅうぴたり堅固頑丈堅牢頑強強固牢固

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android