ぽくぽく(読み)ポクポク

デジタル大辞泉の解説

ぽく‐ぽく

[副](スル)
木魚などをたたく音を表す語。
ゆっくり歩くさま。また、そのときの足音などを表す語。「駅までぽくぽく(と)歩く」
ほくほく2」に同じ。「ぽくぽく(と)したゆで

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぽくぽく

( 副 ) スル
木魚などをたたく音を表す語。 「 -と木魚をたたく」
ゆっくりと歩くさま。 「山道を-歩く」
ほくほく」に同じ。 「 -した芋」
いねむりをするさま。 「さすがの此蔵げんなりし、-眠れば/洒落本・雑文穿袋」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぽく‐ぽく

[1] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
木魚などをたたく音を表わす語。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)前「なむあみだぶ。ポクポクポクポクポク」
② ゆっくりと歩く足音、また、その様子を表わす語。ぽこぽこ
※怪談牡丹燈籠(1884)〈三遊亭円朝〉八「伴蔵と一所にポクポク出懸けて」
③ やわらかくて、ふわふわしているさまや、水気やねばり気などが少ないさまを表わす語。ぼくぼく
※落語・素人茶道(1893)〈三代目春風亭柳枝〉「芋がポクポク為て居りますから」
④ いねむりをするさまを表わす語。ほくほく。ぼくぼく。
※洒落本・雑文穿袋(1779)「さすがの此蔵げんなりし、ぽくぽく眠れば」
⑤ 穴やくぼみがたくさんあるさまを表わす語。
※永日小品(1909)〈夏目漱石〉猫の墓「猫の長い尻尾の毛が段々抜けて来た。始めは所々がぽくぽく穴の様に落ち込んで見えたが」
[2] 〘形動〙 砂地などがすっかり乾いているさま。
※父━その死(1949)〈幸田文〉菅野の記「砂道が毎日の照りでぽくぽくに乾いて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android