コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大江[町] おおえ

百科事典マイペディアの解説

大江[町]【おおえ】

山形県中部,寒河江(さがえ)市に隣接する西村山郡の町。中心の左沢(あてらざわ)はかつてアオソ,生糸の集散地であった。現在は左沢線の終点で付近農村の商業の中心。米作を行うほか,リンゴ,ブドウ,ナシを産する。
→関連項目左沢

大江[町]【おおえ】

京都府北部,由良川中流域を占める加佐郡の旧町。主集落の河守(こうもり)は北近畿タンゴ鉄道が通じる福知山〜宮津間の交通要地。府下有数の養蚕地帯で,由良川の低地は水害常習地であった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおえ【大江[町]】

山形県中央部,西村山郡の町。1959年左沢(あてらざわ)町,漆川村が合体,改称。人口1万0537(1995)。村山平野の西に位置し,町域は朝日山系を源とする月布川沿いに東西に細長く続く。西部に広がる山林の大半は国有林である。月布川と最上川の合流点に中心市街地左沢があり,かつては米沢と酒田を結ぶ舟運の中継地として栄え,近世には青苧(あおそ),生糸の取引が行われた。民謡《最上川舟唄》の発祥地としても知られる。

おおえ【大江[町]】

京都府北西部,加佐郡の町。人口5990(1995)。丹後,丹波の境に位置し,北は宮津市,南と西は福知山市,東は綾部市に接する。由良川が町の中央を北東流し,河岸段丘が発達する。川沿いに耕地の大半が集中,国道175号線が通じる。由良川は古くから水運が盛んで,河守には旅籠があった。また水害にも悩まされ,1953年の大洪水で壊滅的被害をうけたが,63年から由良川の本格的改修が行われ,成果は上がりつつある。かつては伝統的な養蚕地帯であったが衰退し,米,茶,養鶏,酪農などの農業が主産業である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大江[町]の関連キーワード大江山

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android