コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田[町] いけだ

12件 の用語解説(池田[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

池田[町]【いけだ】

北海道南東部,中川郡の町。根室本線が通じる。東と西に低い丘陵があり,中央を十勝利別川が南流する。米作,畑作,酪農を行うほか,食品加工,林産加工の工場もある。池田農場の名を町名とした。

池田[町]【いけだ】

福井県中部,今立(いまだて)郡の町。九頭竜(くずりゅう)川の支流足羽(あすわ)川上流の山地を占め,小農山村集落が散在,木材,米,ナメコを産する。大野市との境に県最高の部子(へこ)山(1464m)がある。

池田[町]【いけだ】

長野県北西部,北安曇(きたあずみ)郡の町。中心集落は松本盆地北部の一中心で,千国(ちくに)街道の宿場町として発達。米,野菜,花卉(かき)を産し,ハーブの生産,加工も行う。

池田[町]【いけだ】

岐阜県南西部,揖斐(いび)郡の町。中心は揖斐川右岸にあり養老鉄道が通じる池野。良質の米,茶,タマネギイチゴを産し,タイヤゴム製品などの企業がある。桜の名所霞間ヶ渓(かまがたに)(名勝・天然記念物)がある。

池田[町]【いけだ】

徳島県西部,吉野川上流の山地を占める三好郡の旧町。中心の池田は小城下町,伊予・讃岐(さぬき)・土佐への交通集落として発達,土讃(どさん)線が通じる。葉タバコを多産,木工家具製造,醸造業も盛ん。

池田[町]【いけだ】

香川県小豆(しょうず)郡,小豆(しょうど)島南西部を占める旧町。タバコオリーブ・電照菊栽培,オリーブ苗木育成が行われ,県農業試験場小豆分場がある。手延べそうめんの産地。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いけだ【池田[町]】

北海道南東部,十勝支庁中川郡の町。人口9093(1995)。根室本線が通じ北海道ちほく高原鉄道を分岐する。明治中期までは河道改修前の十勝川と十勝利別川との合流点にあたっていた利別が港町として栄えていた。現在の中心市街は1896年侯爵池田伴博が開いた農場に始まり,1904年の鉄道開通以後急速に発展した。畑作物には豆類が多く,酪農と肉牛飼養も盛んである。水田面積は十勝の町村の中では最も広く,35年十勝川本流に設けられた堰堤(えんてい)から用水を得て千代田地区の水田が急増し,この堰堤はサケの遡上を妨げて,採卵用サケの捕獲地となっている。

いけだ【池田[町]】

福井県中部,今立郡の町。人口4032(1995)。足羽(あすわ)川上流域を占める山村で,町域の大部分は越前中央山地越美山地に属する山地からなる。足羽川本支流の合流地点に小規模な盆地が開け,河川沿いに小集落が散在する。古くから越前と美濃を結ぶ交通の要所にあり,町名は鎌倉時代よりこの地を池田郷と称したことに由来する。農林業を基幹産業とし,特に杉材の生産が多い。副業として杉苗,ナメコ,山菜など林産物の生産が行われる

いけだ【池田[町]】

長野県北西部,北安曇(きたあずみ)郡の町。人口1万0712(1995)。松本盆地北部に位置し,北は大町市に接する。町域は高瀬川沿いの平地と東部の中山山地からなる。中心集落の池田は近世には千国街道の宿場町として発達し,御他屋と称する松本藩の役所が置かれていた。大正から昭和初期にかけては岡谷,須坂に次ぐ製糸の町として繁栄した。高瀬川沿岸は古くから安曇平有数の米どころで,現在は米作を中心に野菜,花卉,リンゴ栽培,畜産が行われ,都市近郊農村的色彩を濃くしている。

いけだ【池田[町]】

岐阜県西部,揖斐(いび)郡の町。人口2万3153(1995)。東端を揖斐川が流れ,西部は池田山系の山地に属し,その東側に濃尾平野北西端に当たる大小の扇状地が開ける。古代~中世は池田荘に属し,室町時代に美濃国守護となった土岐頼忠本拠地で,本郷に城があった。現在の中心集落は池野。肥沃な水田地帯で良質の池田米を産し,イチゴ,タマネギ,美濃揖斐茶の産地でもある。南端の金生山からは石灰岩を産出する。タイヤ,ゴム製品,紡績,機械部品などの生産も行われている。

いけだ【池田[町]】

徳島県北西部,吉野川の屈曲部に位置する三好郡の町。人口1万8490(1995)。中世末期に小笠原氏が築いた大西城が町の発展の基礎であり,北は猪鼻(いのはな)峠によって讃岐に,南は大歩危・小歩危(おおぼけこぼけ)によって土佐に,西は佐馬地の谷によって伊予に通じる交通の要地としても発展した。藩政期には周辺の山地で栽培される葉タバコを原料に,刻みタバコの製造が盛んになり,1898年葉タバコ専売所が設立され,日本たばこ池田工場となった(1990年9月廃止)。

いけだ【池田[町]】

香川県小豆(しようず)郡,小豆島(しようどしま)南西部の町。人口6113(1995)。北東部は嶮岨(けんそ)山に連なる急峻な山地で,南西に向かって山地が海岸近くまで延びている。典型的な瀬戸内式気候で,特産のオリーブは明治末より栽培が始まり,オリーブ加工工場や,オリーブの栽培・利用法を研究する県農業試験場小豆分場がある。キク,マーガレットキンセンカなどの花卉栽培が盛んで,全国主要産地の一つとなっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

池田[町]の関連キーワード音更川十勝支庁十勝川十勝平野利別川釧路十勝総合振興局なかがわびふか

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone