コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

画然・劃然 かくぜん

大辞林 第三版の解説

かくぜん【画然・劃然】

( トタル ) [文] 形動タリ 
(刃物で区切ったように)区別やちがいがはっきりしているさま。 「 -とした違い」 「 -たる差」 「長火鉢が-と両者の間を限つて/俳諧師 虚子」 → 確然(補説欄)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

画然・劃然の関連キーワード俳諧師長火鉢トタル