(読み)せん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

銭(日本の貨幣単位)
せん

日本の貨幣単位名称の一つ。古くから用いられていたが、制度的確立をみたのは1871年(明治4)の新貨条例によってである。このとき、円の100分の1を銭、銭の10分の1を厘(りん)とする十進法が採用された。以後、50銭、10銭、1銭などの補助貨幣の単位名称として用いられたが、1953年(昭和28)末限りで1円未満の補助貨幣が通用禁止となり、発行を停止されたので、今日では金利の日歩計算や外国為替(かわせ)相場の単位として用いられているだけである。[齊藤 正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

銭の関連情報