しょぼしょぼ

精選版 日本国語大辞典「しょぼしょぼ」の解説

しょぼ‐しょぼ

[1] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 小雨がしとしとと、陰気に降り続くさまを表わす語。しょぼりしょぼり。
※御湯殿上日記‐明応二年(1493)五月二日「雨しよほしよほとふる」
※野菊の墓(1906)〈伊藤左千夫〉「小雨のしょぼしょぼ降る渡場に」
② 雨や水にぬれて、みじめなさまを表わす語。
※かた言(1650)二「袖袂などの雨露にしとどにぬれたるを、しほしほといふはよろしけれど、じぽじぽぞ、じっぽりぞなど云は如何。しょぼしょぼ、しっぽりなどはよろしかるべし」
③ 髪、ひげなどがまばらで、みすぼらしいさまを表わす語。ちょぼちょぼ。
※波形本狂言・牛盗人(室町末‐近世初)「四つ五つの比、髪もしょぼしょぼはえて、牛にも午(うま)にもふまれぬやうになったれば」
④ 疲れたり、年老いたり、泣いたり、病気などして、目をはっきりと見開いていられず、涙にうるんで、まばたきするさまを表わす語。
※滑稽本・八笑人(1820‐49)初「そこで亦眼のしょぼしょぼした鼻のひらったい」
⑤ ためらい、落ち着きのなさ、卑屈などの気持から目をしばたたくさまを表わす語。
※滑稽本・七偏人(1857‐63)初「その面(つら)は何様(どう)したんだ。烟にむせた貉の様に、目ばっかりしょぼしょぼやって」
⑥ 気が弱り力がぬけて哀れなさま、老い衰えてわびしげなさまなどを表わす語。
※杜詩続翠抄(1439頃)一四「今蘓荊揚にいく也。しょほしょほといく事」
※田舎教師(1909)〈田山花袋〉二五「しょぼしょぼとしほたれた姿で帰って来る」
[2] 〘形動〙
① (一)②に同じ。
※おあんさま(1965)〈大原富枝〉「頭から渋紙一枚被ってはいたが、腰から下はしょぼしょぼにれていた」
② (一)④に同じ。
※童謡・豚の子(1927)〈与田準一〉「豚の子は、目がショボショボだ。まばゆそに、日に照られてる」
[3] 〘名〙 幼女の結う髷(まげ)の名。〔東京年中行事(1911)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「しょぼしょぼ」の解説

しょぼ‐しょぼ

[副](スル)
雨があまり激しくなく降りつづくさま。「雨がしょぼしょぼ(と)降り続く」
疲れなどで、目をはっきりあけられず、しきりにまばたきをするさま。「眠くて目がしょぼしょぼ(と)する」
力が衰えて、見るからにわびしそうなさま。「しょぼしょぼ(と)した後ろ姿

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android