そっと(読み)ソット

デジタル大辞泉の解説

そっ‐と

[副](スル)
音を立てないように物事をするさま。静かに。「障子をそっと閉める」
他人に気づかれないように物事をするさま。こっそり。ひそかに。「秘密をそっと打ち明ける」
干渉しないで、静かにしておくさま。「しばらくそっとしておこう」
少し。ちょっと。
「沢山にあらば、皆々を申し入れうが、―した樽を下された程に」〈虎明狂・口真似

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そっと

( 副 ) スル
〔「そと」の促音添加〕
注意深く静かにするさま。 「 -なでてみる」
触らないでおくさま。そのままにしておくさま。 「この問題は当分-しておく」
こっそりするさま。ひそかに。 「 -涙をふく」 「裏口から-帰る」
ちょっと。少し。 「景清ほどこそあらずとも、-手並を見せんず/浄瑠璃・出世景清」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

そっとの関連情報