ウェーバー(読み)うぇーばー(英語表記)Max Weber

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウェーバー(Max Weber)
うぇーばー
Max Weber
(1864―1920)

19世紀末から20世紀初めにかけて活躍したドイツの偉大な社会科学者。該博な知識と透徹した分析力によって、法学、政治学、経済学、社会学、宗教学、歴史学などの分野で傑出した業績を残し、また鋭い現実感覚によって当時のドイツの後れた社会と政治を批判して、その近代化に尽力した。[濱嶋 朗]

生涯

富裕な亜麻布(あまふ)商人の家系を引く国民自由党代議士を父とし、敬虔(けいけん)なピューリタンを母として、1864年4月21日にエルフルトに生まれる。長じてハイデルベルク、ベルリン、ゲッティンゲンの各大学で法律、経済、哲学、歴史を学んだ。卒業後、一時司法官試補として裁判所に勤務したが、学究生活に入り、1892年ベルリン大学でローマ法、商法を講じ、のちにフライブルク(1894)、ハイデルベルク(1897)各大学の国民経済学教授を歴任した。学位論文『中世商事会社史論』(1889)をはじめ、ベルリン大学教授資格論文『ローマ農業史』(1891)、フライブルク大学教授就任講演『国民国家と経済政策』(1895)などが、当時のおもな業績としてあげられる。
 初期の問題関心は、ドイツ国民国家をロシアのツァーリズムおよびイギリス、フランスの帝国主義から守り、そのブルジョア的近代化を推進することに置かれた。この立場から、彼は社会政策学会や福音(ふくいん)派社会会議に属しつつ、半封建的、保守的なユンカー(貴族的領主)支配と急進的な社会主義運動という左右両勢力に抗して、市民層を中核とする中道勢力の結集に腐心した。東エルベの農業労働者の状態に関する一連の調査(1892~1894)で資本主義の圧力によるユンカー経営の崩壊、ユンカーへの隷属からの解放を求める農業労働者の西部への移動、それにかわるポーランド人の進出と東からの脅威の増大を説き、対策を論じたほか、『国民国家と経済政策』では、国民的権力利害に奉仕すべき経済政策の課題を論じ、経済的に上昇しつつあった市民層の政治的成熟を可能とするような政治教育の必要性を力説した。
 しかし、ハイデルベルク大学に在任中より強度の神経疾患を患い、研究と教育を断念して、ヨーロッパ各地で闘病生活を送った。1902年ころからしだいに健康を取り戻し、研究活動を再開したが、教職を辞して自由な在野の研究者として学問研究に専念し、1904年以降『社会科学・社会政策雑誌』編集のかたわら、これに多くの重要な論文を寄稿。社会科学方法論の基礎を確立した『社会科学的および社会政策的認識の客観性』(1904)や、歴史の形成・変革に際して果たす理念の重要な役割を論じて唯物史観を批判した『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の〈精神〉』(1904~1905)などがそれである。また1909年にはドイツ社会学会の創立にあずかり、同年から叢書(そうしょ)『社会経済学綱要』の編集にあたり、自らもその第3巻として大著『経済と社会』(1921~1922)を書いた。これはウェーバーの学問体系の総括とみなされる。
 なお、晩年に至るまで現実政治への関心も強く、第一次世界大戦中には無謀な潜水艦作戦やプロイセンの三級選挙法に反対し、戦後にはドイツ民主党の結成に参画して、選挙戦では社会主義批判の論陣を張り、また憲法作成委員会に加わったのち、1919年ベルサイユ講和会議に専門委員として出席し、戦争責任追及の論拠を批判した。他方、1918年にはウィーン大学、翌1919年にはミュンヘン大学の教授となり、学生のために学問や政治の意義を諭す講演を行ったが、1920年6月14日、肺炎のため急逝した。[濱嶋 朗]

学説

ウェーバーの業績は社会科学のあらゆる分野にわたるが、とくに注目されるのは、価値自由の精神と理念型操作に支えられた社会科学方法論の確立、宗教的理念やエートスの歴史形成力を視野のもとに置く唯物史観批判、近代西欧世界を貫く合理化と官僚制的支配の今日的意義の指摘などである。
(1)方法論に関しては、価値理念や価値判断を鮮明にすることによって、かえってこれを自覚的に統制し、客観的な認識に到達することができるとして、事実認識と価値判断の峻別(しゅんべつ)、価値の相対化の必要を唱え、価値自由を主張した。価値への関係づけと価値からの自由という一見矛盾した研究態度は、理念型的論理操作に媒介されて、客観的な認識を可能にする。理念型とは、ある一定の鮮明な価値観点から実在のある側面をとらえ、これを首尾一貫した一義的連関にまとめあげた思惟(しい)的構成物であり、これと実在とのずれを測定、比較し、客観的可能性判断と適合的因果帰属という操作を介して実在を思惟的に整序し、社会科学的認識の客観性を保証するという働きをする。
(2)『世界宗教の経済倫理』に関する一連の宗教社会学的研究(1915~1919)においては、経済のもつ基本的な重要性は認めつつも、その一義的規定性を否定し、むしろ行為主体(とくに社会層)の置かれた外的・内的利害状況と宗教上の理念(倫理・エートス・生活態度)とが相即したときに、この理念が人間を内側から変革し、ひいては外部秩序をも変えていくことを力説し、歴史の変革力を経済よりもむしろ理念に求める方向を鮮明にした。
(3)政治権力の比較制度的研究(支配社会学)においては、有名な支配の三類型(カリスマ的・伝統的・合法的支配)を区別し、カリスマによる伝統的秩序の変革、カリスマの日常化によるその伝統的支配への埋没、とくに近代社会の宿命的状況としての官僚制的合理化による機械的化石化とマス化を明らかにし、それが社会主義社会にもいっそう強化された形で持ち越されざるをえないことを強調した。
 以上のようなウェーバーの学説は、その後の社会科学に広範な影響を及ぼし、価値自由、理念型的把握、理解的方法に基づく学問論は、ドイツ歴史学派ばかりでなくマルクス主義批判の根拠とされた。他方でその行為論や官僚制論、宗教社会学的研究は、マルクス理論を補完する意味合いをももつ点で、今日なお積極的な意義を失っていない。[濱嶋 朗]
『マリアンネ・ウェーバー著、大久保和郎訳『マックス・ウェーバー』(1963、1965/新装版・1987・みすず書房) ▽大塚久雄他著『マックス・ヴェーバー研究』(1965・岩波書店) ▽R・ベンディクス著、折原浩訳『マックス・ウェーバー その学問の全体像』(1966・中央公論社/改題『マックス・ウェーバー――その学問の包括的一肖像』上下・1987、1988・三一書房) ▽E・バウムガルテン著、生松敬三訳『マックス・ヴェーバー 人と業績』(1971・福村出版) ▽濱嶋朗著『ウェーバーと社会主義』(1980・有斐閣)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウェーバーの関連情報