コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘンリー[4世] ヘンリー

百科事典マイペディアの解説

ヘンリー[4世]【ヘンリー】

ランカスター朝初代のイングランド王(在位1399年―1413年)。ジョン・オブ・ゴーントの子。従兄リチャード2世を退位させ,議会の推挙により即位。貴族の反乱に悩まされた。
→関連項目プランタジネット朝ヘンリー[5世]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘンリー[4世]【Henry IV】

1366‐1413
ランカスター朝初代のイングランド王。在位1399‐1413年。ランカスター公ジョン・オブ・ゴーントの長子。1398年従兄リチャード2世により国外に追放されたが,父の死(1399)後,国王が没収した遺産の返還を要求して帰国。諸侯の支持,多数の家臣の支援を得て王位を簒奪した。治世前半には相次ぐ反乱,財政危機,議会の政府批判に悩んだが,次々に問題を解決し,ランカスター朝の基礎をおいた。対外的には対仏和平政策を継続。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android