上野[市](読み)うえの

百科事典マイペディアの解説

上野[市]【うえの】

三重県中北部,上野盆地を占める旧市。1941年市制。中心市街は江戸時代藤堂氏城下町で,整然とした碁盤町割が残る。伊賀流忍術発祥地,松尾芭蕉の生地としても有名。明治以降幹線交通網からはずれ農村地域となっていたが,1965年名阪国道開通後に工業化が進んだ。特産に組ひも,伊賀焼,木綿があり,伊賀米,清酒の産も多い。北部に関西本線,市街には近鉄伊賀線が通じる。2004年11月名賀郡青山町,阿山郡伊賀町,阿山町,大山田村,島ヶ原村と合併し市制,伊賀市となる。195.26km2。5万9417人(2003)。
→関連項目上野盆地

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うえの【上野[市]】

三重県西部の市。1941年上野町と小田城南花之木長田,新居,三田の6村が合体,市制。人口6万0986(1995)。市域上野盆地北半の平たん部を占め,市街地はその中央の洪積台地上にある。古代から盆地の中心地として伊賀国府,および国分寺(跡は史跡)がおかれ,条里が整えられた。天正年間(1573‐92)に筒井定次が築城し,1608年(慶長13)以降明治までは津藩藤堂家の支配下にあった。内陸盆地に位置したうえ,1897年開通した関西鉄道(現,JR関西本線)は市街地より3km北に敷設され戦災を免れたため,現在も城下町の面影を比較的よく残している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android