コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上野[市] うえの

2件 の用語解説(上野[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

上野[市]【うえの】

三重県中北部,上野盆地を占める旧市。1941年市制。中心市街は江戸時代藤堂氏城下町で,整然とした碁盤町割が残る。伊賀流忍術発祥地,松尾芭蕉の生地としても有名。
→関連項目上野盆地

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うえの【上野[市]】

三重県西部の市。1941年上野町と小田,城南,花之木,長田,新居,三田の6村が合体,市制。人口6万0986(1995)。市域は上野盆地北半の平たん部を占め,市街地はその中央の洪積台地上にある。古代から盆地の中心地として伊賀国府,および国分寺(跡は史跡)がおかれ,条里が整えられた。天正年間(1573‐92)に筒井定次が築城し,1608年(慶長13)以降明治までは津藩藤堂家の支配下にあった。内陸盆地に位置したうえ,1897年開通した関西鉄道(現,JR関西本線)は市街地より3km北に敷設され戦災を免れたため,現在も城下町の面影を比較的よく残している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone