千代田(茨城県)(読み)ちよだ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千代田(茨城県)
ちよだ

茨城県中央部、新治郡(にいはりぐん)にあった旧町名(千代田町(まち))。現在のかすみがうら市の西部を占める地域にあたる。1954年(昭和29)志筑(しづく)、新治、七会(ななえ)の3村が合併して千代田村が成立し、1992年(平成4)に町制施行した。2005年(平成17)同郡霞ヶ浦町(かすみがうらまち)と合併して市制施行、かすみがうら市となった。旧町域は筑波(つくば)山地南東部の丘陵と恋瀬(こいせ)川とその支流天(あま)ノ川の沿岸低地よりなる。JR常磐(じょうばん)線、国道6号が通じ、常磐自動車道千代田石岡インターチェンジがある。中世佐竹氏、近世本堂(ほんどう)氏の所領で1868年(慶応4)志筑藩となった。水戸街道の宿場(稲吉(いなよし))があった。クリとナシの大産地で、カキ、イチゴ、ブドウも産し、観光果樹園が多い。森林研究・整備機構の森林総合研究所千代田苗畑がある。土浦市に接して工業団地が立地し、化学、食品、金属などの工場も増加し、都市化が進んでいる。木村家住宅(旧水戸街道旅籠(はたご)皆川屋)、千代田の一里塚など県指定文化財が多く、三ツ石森林公園、雪入(ゆきいり)ふれあいの里公園などの施設もある。

[櫻井明俊]

『『千代田村史』(1970・千代田村教育委員会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android