旭(漢字)

普及版 字通「旭(漢字)」の解説


人名用漢字 6画

[字音] キョク・コウ(カウ)
[字訓] あさひ

[説文解字]

[字形] 形声
声符は九(きゆう)。〔説文〕七上に「日、旦(あした)に出づる皃なり」とあり、日ののぼるさまをいうとする。〔詩、風、匏有苦葉〕「旭日、始めて旦(あ)く」の〔釈文〕に、その音を「讀みて好(かう)の(ごと)くす」、また〔爾雅、釈訓〕に「旭旭(けう)なり」とあり、その「旭旭」は〔詩、小雅、伯〕「驕人好好たり」というのと同じで、旭にまた好の声のあることが知られる。字はまた(く)に作り、夜明けをいう。九声の字にそれらの音があった。

[訓義]
1. 日がのぼるさま、あける、あきらか。
2. あさひ。

[古辞書の訓]
〔新字鏡〕旭 日乃留(ひのてる)、、阿加止(あかとき) 〔名義抄〕旭 アシタ・アサヒ・ノノシル

[語系]
旭xiokは煕(熙)・熹xi、煦xioと声義近く、みな日光と、その温暖のことをいう。好xuもその声が近い。

[熟語]
旭影・旭暉・旭輝・旭旭・旭光・旭日旭霽旭旦
[下接語]
海旭・杲旭・紅旭・朱旭・初旭・晨旭・晴旭・朝旭・陽旭・黎旭・朗旭

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android