コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旭[市] あさひ

百科事典マイペディアの解説

旭[市]【あさひ】

千葉県北東部,太平洋に臨み,九十九里平野北部と下総(しもうさ)台地にまたがる市。1954年市制。中心市街の十日市場は近世在郷町から発達。1897年の総武鉄道(現在の総武本線)開通後市街地が発展,第2次世界大戦中は海軍航空基地がおかれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あさひ【旭[市]】

千葉県北東部,太平洋に面し,九十九里浜平野北部の農業地帯の中心都市。1954年旭町ほか3村が合体,市制。人口4万0486(1995)。1670年(寛文10)に干拓された干潟八万石の米と九十九里浜の海産物集散地で,近世から十日市場が栄えて旭町の中心街となった。明治から郡政の中心として地方政治機関が多くなり,第2次世界大戦中に海軍航空基地となった。農村部はサツマイモの大産地でデンプン工場が多く,これを基礎に大規模な養豚業が立地した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

旭[市]の関連キーワード下総台地台地下総

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android