玄(漢字)

普及版 字通「玄(漢字)」の解説


常用漢字 5画

[字音] ゲン
[字訓] くろ・ふかい・しずか

[説文解字]
[金文]

[字形] 象形
糸たばを拗(ね)じた形。黒く染めた糸をいう。〔説文〕四下に「なり」とし、「にして赤色を玄と爲す。幽に象り、入は之れをふなり」と(ゆう)と入に従う字とするが、入とする部分は糸たばの上部を結んだ形。上を結んだ糸たばを染汁にひたして黒く染める。その結んだ部分は色に染まずに残るので、素という。〔周礼、考工記、鍾氏〕に染色の法をしるし、三入を(くん)、五入を(しゆう)、七入を(し)という。玄は緇に近く、その色相は幽深であるので、幽玄といい、幽遠の意に用いる。

[訓義]
1. くろ、あかぐろ。
2. ふかい色、ふかい。
3. しずか、かすか、奥深い。
4. 深くかくれたもの、ふしぎ、玄妙、道、道の究極。
5. 五行に配して北、北方。
6. ・眩と通じ、かがやく、くらむ。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕玄 クロシ・ハルカニ・ハルカナリ・アキラカニ/玄牝 ハナクケ 〔立〕玄 ムカシ・ハルカナリ・クロシ・カクル・ハルカ・キハム・タユミス 〔字鏡集〕玄 トホシ・ハルカニ・ハルカナリ・アキラカニ・クロシ

[部首]
〔説文〕に(けん)、〔玉〕にの二字を属する。は玄を並べた形で黒の意。は妙の初文。

[声系]
〔説文〕に・眩・など六字を収める。牽は牛鼻に縄を通して牽く形で、会意の字。玄声に従う字ではない。

[語系]
玄・眩・)・恂hyuenは同声。耀(げんよう)の意で通ずる。牽khienは玄と同声ではない。

[熟語]
玄衣・玄玄乙・玄陰・玄・玄運・玄雲・玄英玄鉞・玄淵・玄・玄猿・玄遠・玄化玄華・玄鶴・玄学・玄鑑・玄間・玄感・玄関・玄気・玄暉・玄・玄機玄穹・玄虚・玄駒・玄・玄訓・玄圭玄珪玄闕・玄月・玄玄・玄元・玄幻・玄言・玄・玄・玄古・玄悟・玄語・玄功・玄香・玄綱・玄黄玄笏・玄根・玄混玄袞・玄妻・玄朔・玄・玄旨・玄芝・玄滋玄識玄室・玄寂・玄酒・玄勝・玄霄・玄・玄象玄壌・玄色・玄真・玄針・玄人・玄聖・玄静・玄靖・玄精・玄素・玄孫・玄尊・玄宅・玄沢・玄達・玄端・玄澹・玄談・玄壇・玄致・玄酎・玄鳥・玄通・玄的・玄・玄度・玄冬・玄同・玄道・玄徳・玄・玄漠・玄髪・玄微・玄牝・玄武・玄風玄圃・玄・玄謀・玄妙玄冥・玄黙・玄・玄門・玄夜・玄玄耀・玄覧・玄理・玄慮・玄林・玄霊・玄・玄廬・玄論
[下接語]
淵玄・九玄・鉤玄・深玄・清玄・太玄・談玄・妙玄・幽玄

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android