コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

魏(中国、三国の一つ)

中国、三国の一つで、曹操(そうそう)が創設した王朝(220~265)。曹操は後漢(ごかん)末の群雄の一人で、(えんしゅう)(山東省)に割拠し、献帝を洛陽(らくよう)から予州の許に迎えて擁立した。200年、官渡の戦いによって袁紹(えんしょう)を破り、ほぼ華北を統一し、冀州(きしゅう)(ぎょうじょう)を根拠地とした。208年、丞相(じょうしょう)となり、荊州(けいしゅう)に南下しようとしたが、孫権(そんけん)と劉備(りゅうび)が同盟して、曹操は赤壁の戦いで敗れた。ついで関中を平定して献帝から魏公の爵位を授かった。さらに外戚(がいせき)の夏侯淵(かこうえん)を派遣して涼州を平定させ、また皇后の伏氏を廃し、娘を献帝の皇后とした。漢中(陝西(せんせい)省)における五斗米道(ごとべいどう)のいわば宗教国家を創始した張魯(ちょうろ)を親征し、爵は魏王に進んだ(216)。曹操は宦官(かんがん)の養子の子で、たいした基盤はなかったが、許をはじめ各地に大規模な屯田(とんでん)を開き、糧食の確保に努め、また募兵、流賊、降卒、降民、流寓(りゅうぐう)の徒を兵戸に編成し専属の軍隊とした。腹心の臣下には荀(じゅんいく)、陳羣(ちんぐん)、鍾(しょうよう)など法家の伝統が根強い潁川(えいせん)(河南省)出身の者が多く、曹操の施策にもその影響が現れている。曹操の死(220)後、曹丕(そうひ)がたち、官人の登用法を郷挙里選から九品官人法(きゅうひんかんじんほう)にかえた。これは人材を魏に吸収するのが本来の目的であったが、その運営は貴族制度の成立を決定的にした。
 献帝は220年に禅譲し、曹丕は即位して文帝となり、ここに後漢は滅亡し、魏朝が成立した。から洛陽に移り、ここを都とした。また西域(せいいき)の焉耆(えんき)(ぜんぜん)、亀茲(きじ)、于(うてん)なども従属した。明帝(めいてい)(在位226~239)のときには洛陽(らくよう)宮を整備し、太極(たいきょく)殿と昭陽殿を建立、司馬懿(しばい)を派遣して遼東(りょうとう)の公孫淵(こうそんえん)を破り、次の斉(せい)王芳のときに丘倹(かんきゅうけん)が高句麗(こうくり)を討ち、領土を東方に拡張した。耶馬台国(やまたいこく)の卑弥呼(ひみこ)が朝貢の使者を派遣したのはこのころである。
 明帝の没後は、斉王芳、高貴郷公髦(ぼう)、陳留(ちんりゅう)王(元帝)奐(かん)の三少帝が継ぎ、曹爽(そうそう)と司馬懿が補佐した。司馬懿は宗室の曹爽や外戚の何晏(かあん)、夏侯玄などを次々と排除し、実権を掌握していった。子の司馬師は斉王を廃し、師の弟の昭は高貴郷公を殺した。昭の子の炎は陳留王の禅譲によって265年に即位し、晋(しん)(西晋)を建国し、魏は滅亡した。文化の面では、朝臣の貴族化が進み、文学、音楽、書画などの芸術を担い、老荘と易の学問である玄学が清談のテーマとなった。[上田早苗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

魏の関連キーワード夏侯惇司馬昭司馬懿夏侯淵曹丕張郃譙周姜維曹仁程昱費禕賈詡鍾会蒋琬郭嘉許褚鄧艾張遼陳羣

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

魏の関連情報