コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千代田 ちよだ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千代田(広島県)
ちよだ

広島県中西部、山県(やまがた)郡にあった旧町名(千代田町(ちょう))。現在は北広島(きたひろしま)町の一地区。旧千代田町は1954年(昭和29)八重(やえ)、壬生(みぶ)の2町と本地(ほんじ)、南方(みなみがた)、川迫(かわさこ)の3村が合併して成立。2005年(平成17)大朝(おおあさ)、芸北(げいほく)、豊平(とよひら)の3町と合併し、北広島町となる。旧町域は江の川(ごうのかわ)の上流をなす可愛(えの)川流域、吉備(きび)高原上の小盆地にあり、郡東部の中心であった。国道261号、433号、中国自動車道が通じ、千代田インターチェンジがある。1991年浜田自動車道が開通、千代田ジャンクションで中国自動車道と接続する。基幹産業は米作を中心とした農業だが、広島市に近く、交通も便利なため企業の進出が多くなってきた。古来、田楽(でんがく)、はやし田、花田植の行事があり、6月に行われる「壬生の花田植」は国の重要無形民俗文化財で、2011年にはユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産に登録された。男性が花笠(はながさ)をかぶって踊る「本地の花笠踊」も国の無形民俗文化財になっている。また川東(かわひがし)の民俗収蔵庫には「はやし田用具」(国指定重要有形民俗文化財)などを展示する。同じく重要有形民俗文化財の「芸北の染織用具および草木染めコレクション」も芸北民俗収蔵庫に保存されている。古保利(こほり)薬師堂に安置されている木造薬師如来(にょらい)など平安時代の仏像9体は国指定重要文化財。[北川建次]
『『千代田町史』全8巻(1987~2004・千代田町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

千代田の関連キーワード壬生(広島県)北広島(町)壬生

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千代田の関連情報