コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千代田[町] ちよだ

8件 の用語解説(千代田[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

千代田[町]【ちよだ】

茨城県中央部,新治(にいはり)郡の旧町。北西部は筑波山に続く山地,南東部は台地。首都圏整備の一環として1966年土浦・千代田工業団地を造成。常磐線神立(かんだつ)駅周辺では住宅地化が進む。

千代田[町]【ちよだ】

群馬県南東部,邑楽(おうら)郡の町。利根川中流の北岸に位置し,中心の赤岩は江戸時代,河港として繁栄。米麦,養蚕を主体とした農村地帯であったが,近年では,庭園樹・花木栽培,酪農なども行う。

千代田[町]【ちよだ】

広島県中西部,山県(やまがた)郡の旧町。大部分が山地で,可愛(えの)川に志路原(しじわら)川,冠川が合流する付近に主集落の八重と壬生(みぶ)がある。中国自動車道が通じ,浜田自動車道が分岐する。

千代田[町]【ちよだ】

佐賀県東部,神埼(かんざき)郡の旧町。筑後川西岸の佐賀平野部を占め,水田地帯をなす。酪農,野菜栽培も盛ん。弥生時代の貝塚が点在し,条里制遺構がみられる。下村湖人の生家がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちよだ【千代田[町]】

茨城県中央部,新治(にいはり)郡の町。人口2万6221(1995)。1992年町制。町域の大部分は台地で,中央部を国道6号線(水戸街道)が通り,常磐自動車道の千代田石岡インターチェンジがある。下稲吉は近世に水戸街道の宿駅として栄え,中志筑(なかしづく)には旗本本堂氏8500石の陣屋が設けられていた。全国一の栗の産地として知られるが,梨の生産も盛ん。従来,畑作中心の純農村であったが,1963年首都圏都市開発区域に指定されて市街地化が進み,土浦市と接する南部地区には工業団地がつくられた。

ちよだ【千代田[町]】

群馬県南東部,邑楽(おうら)郡の町。1982年町制。人口1万1758(1995)。利根川北岸の低地を占め,利根川を隔てて埼玉県と接する。〈群馬の穀倉〉と呼ばれる米作地帯で,麦作も県内有数の産地である。庭木・花卉の生産も行われる1979年北隣の邑楽町にかけての一帯に鞍掛第二工業団地が完成し,ビール工場が操業している。役場がある赤岩は明治後期までは利根川の河港としてにぎわい,現在も対岸の埼玉県妻沼(めぬま)町との間になごりの渡船がある。

ちよだ【千代田[町]】

広島県北部,山県(やまがた)郡の町。人口1万0659(1995)。可愛(えの)川上流域を占める農林業の町で,可愛川に志路原(しじわら)川,冠川が合流する付近に,旧石州街道沿いの市場町として発達した中心集落の八重,壬生(みぶ)がある。谷底平野に耕地があり,米作を中心にタバコ栽培,養鶏,酪農が行われる。古保利にある薬師堂には平安時代に作られた一木造の薬師如来座像など多数の仏像があり,いずれも国の重要文化財に指定されている。

ちよだ【千代田[町]】

佐賀県東部,神埼郡の町。1965年町制。人口1万1883(1995)。西は佐賀市,南東は筑後川をはさんで福岡県に接する。筑紫平野の中央にあってクリークが縦横に走る。城原(じようばる)川が中央部を南流し,南端で筑後川に合流する。主産業は農業で,米,麦のほか野菜栽培も盛ん。漁業は,有明海沿岸のノリ養殖が主体。高志神社では毎年10月の例祭に鷺流狂言(高志狂言)が行われる。下村湖人の生家がある。【松橋 公治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

千代田[町]の関連キーワード茨城県上川鬼怒川小牛田新潟平野新治本宮土浦山口一門

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone