川上(読み)かわうえ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川上(岐阜県)
かわうえ

岐阜県南東部、恵那(えな)郡にあった旧村名(川上村(むら))。現在は中津川市の北東部を占める地域。旧川上村は2005年(平成17)坂下(さかした)、付知(つけち)、福岡の3町、加子母(かしも)、蛭川(ひるかわ)の2村、および長野県山口村とともに中津川市に編入。木曽(きそ)川の支流川上川の最上流域にある山村で、地域の約92%が山林。木曽ヒノキの産地である。川上川の渓谷には竜神ノ滝など滝が多く、景色も美しく、裏木曽県立自然公園の一部をなす。夕森(ゆうもり)公園にはキャンプ場がある。[上島正徳]
『『川上村史』(1983・川上村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

川上の関連情報