コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旭[町] あさひ

百科事典マイペディアの解説

旭[町]【あさひ】

愛知県北部,東加茂郡の旧町。美濃三河高原にあり,北境を西流する矢作(やはぎ)川左岸に中心の小渡(おど)がある。農林業基幹産業とする。景勝地の矢作渓谷があり,榊野(さかきの),笹戸,池島などの鉱泉がわく。

旭[町]【あさひ】

島根県中央部,那賀(なか)郡の旧町。山間の町で,浜田自動車道が通じる。和牛,米,ナシシイタケを産する。広島県境の雲月(うんげつ)山はスキーハイキングに適し,西中国山地国定公園に属する。

旭[町]【あさひ】

岡山県中部,久米郡の旧町。久米の屋根といわれ,山林が広い。中心は旭川湖岸の西川。米,葉タバコ鶏卵,牛乳,肉牛を産する。スギ,ヒノキなどの林業も行う。旭川湖は多目的ダム建設でできた湖で風光がよい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あさひ【旭[町]】

愛知県北部,東加茂郡の町。人口3844(1995)。矢作(やはぎ)川上流域に位置し,北は岐阜県に接する。町の中央部を北流する介木(けんぎ)川が矢作川に合流する地点に中心地の小渡があり,美濃三河高原の山間地には多くの集落が点在する。古くから米作養蚕を主とする農林業が営まれてきたが,近年ほとんどが兼業農家となり,豊田市などへの通勤者が増えている。1960年代後半に,金属工業などが誘致され,70年代後半にはゴルフ場が開設されたが,人口は減少を続けている。

あさひ【旭[町]】

岡山県中央部,久米郡の町。人口3648(1995)。旭川中流域に位置し,町域全体が吉備高原に属する低山地にあって,旭川の支流沿いにわずかな低地が開ける。中心集落の西川は江戸中期には舟番所が置かれ,栃原,川戸とともに旭川舟運の河港として栄えた。1954年に完成した旭川ダムの建設によって町の中心部は湖底に沈んだ。その後,西川は湖岸に移転され町勢の復興はなったが,人口流出に悩まされている。山間地帯にあるため米作は振るわず,タバコ,花木栽培や酪農,和牛飼育に力を入れている。

あさひ【旭[町]】

島根県中央部,那賀郡の町。人口3354(1995)。南は広島県に接し,西境を江の川支流の市木川が北流する。北部は隆起準平原,南部は中国山地で急峻な地形をなし,町域の大部分が山林で占められる。雲月山付近は砂鉄の産地で鉄穴流(かんなながし)の遺構が見られる。近年,人口の減少が著しく,過疎対策として農林業の振興に力を入れ,米作を中心にシイタケ,栗,タバコ,ワサビの栽培,畜産を行っている。県境一帯は西中国山地国定公園に指定されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

旭[町]の関連キーワード琵琶湖