コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

晋[周代] しん[しゅうだい]Jin; Chin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

晋[周代]
しん[しゅうだい]
Jin; Chin

中国,周代の諸侯国の一つ (前 11世紀~前 376) 。周の武王の子叔虞 (しゅくぐ) が唐 (山西省) に封じられたのに始るといわれ,子の燮 (しょう) のときと称したという。前7世紀末献公 (けんこう) が領土を広げたが,死後大内乱が起り,亡命していた重耳 (ちょうじ) が秦の援助で帰国して文公となった。文公はを城濮に破り,諸侯と践土に盟して (→践土の会 ) ,覇者となった。これから春秋時代を通じて中原の中心勢力であったが,有力貴族の台頭が著しく,貴族間の争いも激しかった。哀公4 (前 453) 年,韓,魏,趙3氏が荀瑤 (知伯) を滅ぼして以来,晋は3氏 (三晋) によって支配されるようになり,烈公 17 (前 403) 年には3氏が正式に諸侯として承認され,晋は静公2 (前 376) 年に滅びた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android