コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本居宣長 もとおりのりなが

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本居宣長(国学者、神道学者)
もとおりのりなが
(1730―1801)

江戸時代中期の国学者、神道(しんとう)学者。鈴迺屋(すずのや)と号する。享保(きょうほう)15年5月7日に生まれる。伊勢(いせ)国松坂の木綿問屋小津定利(おづさだとし)(1695―1740)の二男。母はお勝(1705―1768)、幼名は富之助。父の死後、1748年(寛延1)19歳で同国山田の紙商今井田家の養子となったが、21歳で不縁となって実家に出戻り、翌1751年(宝暦1)兄の死によって小津家の家督を相続した。若くから和歌を習い四書五経を読み、商売には不向きであったうえ家運も傾いたので、翌23歳の暮れ、医師となるため京都に遊学した。そのころ姓を本居に改めている。
 宣長はまず朱子学者堀景山塾に入って儒書を読み、堀元厚(ほりげんこう)(1686―1754)について李朱(りしゅ)医学の基本図書を学び、元厚の死後李朱医学の大家武川幸順(たけかわこうじゅん)(1725―1780)のもとで臨床医術を修めて、1755年26歳で医師の免許を得、名を宣長、医師名を春庵と号して診療にも従った。
 宣長は当時京都に興隆してきた医学の新風古医方(こいほう)にひかれ、古医方の大家香川修庵(かがわしゅうあん)(1683―1755。後藤艮山(ごとうこんざん)、伊藤仁斎(いとうじんさい)の門人)に私淑して、1756年には李朱医学を非難して古医方に従った医学論を友人への書簡のなかで述べている。古医方というのは、陰陽五行説によって病因と治療の方を考える形而上(けいじじょう)学的な李朱医学に反対して、親試実験によって病症と薬剤、鍼灸(しんきゅう)の間に経験的法則をみいだそうとする実証的な医学であった。しかも宣長はそのころ荘子に傾倒して、〔1〕今後は「私有自楽」の境地に「人情の解放」を求めて和歌文学に耽(ふけ)る旨を宣言し、同時に〔2〕人事自然の現象に「然(し)かあらしめる原因」を探し求める因果論的思考を排して「自然の神道」を唱えている。
 1757年28歳のとき京都遊学から故郷松坂に帰って古医方をとる町医者となったが、その前後に国文研究の最初の論稿『排蘆小船(あしわけおぶね)』を著し、1758年には「安波礼(あはれ)弁」をつくり、『源氏物語』の講義を始め、1763年には『紫文(しぶん)要領』『石上私淑言(いそのかみのささめごと)』(宣長の国文研究の主著)を著した。これらの書物のなかで宣長は、すべての物・事は「神のみしわざ」である、その「物・事の心」と「その心を知っておこす感動」が「もののあはれ」を生み出す、「もののあはれ」を知ることが文学の創作と鑑賞の根拠であると説いている。
 宣長は、1763年に松坂に立ち寄った賀茂真淵(かもまぶち)に対面してその門に入り、国文学の研究から神話・神道の研究に移っていった。早くも翌1764年には『古事記』の講義を始めて、1778年(安永7)には神代巻上巻の注釈を終わり、その間1771年(明和8)に神道論『直毘霊(なおびのみたま)』の初稿(『直霊(なおび)』)を著した。
 宣長は『古事記』神代巻の伝の述作にあたっても、神代では神は人であり、神と神わざは人々が見聞触知しえた経験的事実であると考え、『古事記』の神話を実証的に研究した。また宣長は『古事記』研究と同じ方法で1782年(天明2)には『真暦考』『天文図説』を著し、1777~1779年に書かれた『鈴屋(すずのや)答問録』のなかで「神道医学」の草分けともなる医学論を語っている。宣長は、神々の行為も自然の現象も、罹病(りびょう)・治癒も、すべての現象の「然(しか)る所以(ゆえん)」は神慮にある、しかし神慮を問うことは不遜(ふそん)である、すべては「神のみしわざ」で人智(じんち)の及ばぬ「あやしき」ものである、と説いた(荻生徂徠(おぎゅうそらい)の影響)。しかしすべての理を否定するわけではない、理には見聞触知しうる「事にあらわなる(howの理)」と「事にあらわならぬ(whyの理)」があり、陰陽五行の理などは後者で「こちたき漢心(からごころ)」の所産である、と厳しく排撃した(真淵の影響)。宣長はこうした経験的実証主義と神信仰を結合した神秘的不可知論をとって市川匡麻呂(いちかわたずまろ)(鶴鳴)、藤貞幹(とうていかん)(藤井貞幹(ふじいさだもと))、上田秋成(うえだあきなり)と論争して『葛花(くずばな)』(1780成立)『鉗狂人(けんきょうじん)』(1785成立)『呵刈葭(かかいか)』(1790ころ成立)を著し、論争の間に『玉鉾(たまほこ)百首』『玉くしげ』(ともに1787)を書いている。そのころ彼は医業に精励し、1783年(天明3)には自ら広告文を書いて薬を製造販売し、医業からの年収も生涯中もっとも多額となっている。宣長にとって、医業は単に生計を支える手段ではなく、彼の学問を特色づける経験的実証主義の思想的エネルギー源であった。
 1787年(58歳)、宣長は松坂を飛地(とびち)とする本藩(紀州藩)に針医格で召し出され、藩主徳川治貞(とくがわはるさだ)(1728―1789)に『秘本玉くしげ』を上呈して、神話・神道の研究では一君万民の皇国主義を説きながら、現実の政治体制は神のみしわざである、被治者はひたすら神のみしわざ、現実には治者の法度(はっと)に随順すべしと説いた。水戸藩の儒者会沢正志斎(あいざわせいしさい)は臣道あって君道なしと批判している。
 こうした国文、神話、神道の研究の間に宣長は『詞(ことば)の玉緒(たまのお)』など国語学の研究成果を次々に発表している。国語学方面は実子春庭(はるにわ)、歌文学は養子大平(おおひら)、神道論は没後の門人平田篤胤(ひらたあつたね)に受け継がれ、後世に大きな影響を与えた。
 宣長は1793年(寛政5)64歳で随筆『玉勝間(たまかつま)』を起稿、1796年に『源氏物語玉の小櫛(おぐし)』、1798年には『古事記伝』44巻の執筆を終わって、翌1799年70歳で『古訓古事記』をつくり、初学者のために『初山踏(ういやまぶみ)』を書いた。また自分の過去を回想して『家のむかし物語』(1798成立)を著している。ついで1800年『遺言書』をしたため、翌享和(きょうわ)元年9月29日に72歳で病没した。遺骨は松阪市内の檀那(だんな)寺の樹敬寺墓地と、郊外の山室山に埋葬された。[石田一良]
『奥山宇七編『本居宣長翁書簡集』(1933・啓文社) ▽大野普・大久保正編・校訂『本居宣長全集』20巻・別巻3巻(1968~1993・筑摩書房) ▽吉川幸次郎・佐竹昭広・日野龍夫校注『日本思想大系40 本居宣長』(1978・岩波書店) ▽村岡典嗣著『本居宣長』(1928・岩波書店) ▽小林秀雄著『本居宣長』(1977・新潮社/新潮文庫) ▽吉川幸次郎著『本居宣長』(1977・筑摩書房) ▽相良亨著『本居宣長』(1978・東京大学出版会/講談社学術文庫) ▽石田一良「本居宣長の神道・国学と医学――宣長における宗教と自然科学」(『国士舘大学武徳紀要』第壱号所収・1984)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

本居宣長の関連キーワード賀茂真淵(かもまぶち)谷川士清田沼時代東条義門石塚龍麿古事記伴信友大野晋和学

本居宣長の関連情報