コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東山[町] ひがしやま

百科事典マイペディアの解説

東山[町]【ひがしやま】

岩手県南部,東磐井(ひがしいわい)郡の旧町。大部分丘陵地で,北上川の支流砂鉄川が流れ,大船渡(おおふなと)線が通じる。地質的に石灰岩質の土壌が多く,石灰石採掘,セメント工業が盛ん。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひがしやま【東山[町]】

岩手県南部,東磐井(ひがしいわい)郡の町。人口8782(1995)。西は一関市に接する。北上川の支流砂鉄川沿いにJR大船渡線が通じる。小沖積地があるほかは,町域の大部分が北上高地西部の丘陵地帯からなる。中心集落は長坂。町域一帯は豊富な石灰岩に恵まれ,1958年のセメント工場誘致以来工業が発展し,米作,タバコ栽培中心の農業とともに町経済の主柱となっている。手すき和紙(東山(とうざん)紙),紫雲石でつくる硯(すずり)が特産品として知られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

東山[町]の関連キーワード猊鼻渓

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android