コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穴・孔 あな

大辞林 第三版の解説

あな【穴・孔】

くぼんだ所。穴ぼこ。鼻や耳の穴、陰門についてもいう。 「 -を掘る」 「 -だらけの道路」
反対側まで突き抜けてあいている空所。 「針の-」 「 -を通す」
ほらあな。また、動物の巣穴。 「熊の-」
欠けたり抜けたりしているものや所。
金銭上の欠損。損失。 「帳簿の-を埋める」
必要な人員が欠けたためにできた空白。あいた地位。 「けがをした選手の-を埋める」 「舞台に-があく」
隠れ場所。 「何処か-でも出来たんぢやないかね/浮雲 四迷
一般の人に知られていない、利益のある事柄や場所。穴場。
(競馬・競輪などで)
番狂わせの決着。配当の大きい決着。 「大-を当てる」 「 -ねらい」
穴馬あなうまのこと。
芝居用語。「土間」と称する枡形の客席。
墓穴。 「死なむ日は-を同じくして共に埋むべし/三宝絵詞
江戸時代の流行語。人や世間の内情や裏面。うがち。通つう。 「世間の-を能く知つて/滑稽本・根南志具佐」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

穴・孔の関連キーワード黃・亢・交・仰・侯・倖・候・光・公・功・劫・効・勾・厚・口・叩・后・向・咬・哄・哮・喉・坑・垢・好・孔・孝・宏・寇・工・巧・巷・幸・広・庚・康・廣・弘・後・恆・恍・恒・恰・慌・抗・拘・控・攻・效・昂・曠・更・校・格・梗・構・江・洪・浩・淆・港・溝・狡・甲・皇・皎・皓・睾・硬・稿・紅・絞・綱・考・耕・耗・肓・肛・肯・肴・腔・膏・膠・興・航・荒・薨・虹・行・衡・講・貢・購・逅・郊・

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android