言葉・詞・辞(読み)ことば

大辞林 第三版の解説

ことば【言葉・詞・辞】

人の発する音声のまとまりで、その社会に認められた意味を持っているもの。感情や思想が、音声または文字によって表現されたもの。言語。
ものの言い方。ことばづかい。 「丁寧な-を使いなさい」
言語を文字に書き表したもの。文字。
語彙ごい。単語。
謡物・語り物の中で、節をつけない部分。 《詞》
和歌に対して、散文で書かれた部分。また、和歌の詞書ことばがき。絵巻物の詞書。
意味。理性。ロゴス。 「はじめに-ありき」
(「てにをは」に対して)体言・用言などの総称。詞
語気。ものの言いぶり。 「思わず強い-になった」
ことばのあや。たとえごと。 「『どりやどりや塵を結んでやらう…』『なう、腹立ちや腹立ちや、それは-でこそあれ』/狂言・引括 虎寛本

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android