アンニュイ(英語表記)ennui(仏)

  • ennui
  • 〈フランス〉ennui

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

倦怠 (けんたい) 感。退屈。世紀末的風潮から生まれた一種の病的な気分。文学的には,生活への興味を喪失したことからくる精神的倦怠感をいう。自意識の過剰,生の空虚の自覚,あるいは常識に対する反抗的気分などが含まれる。フランス近代の小説・詩,C.-P.ボードレール,P.ベルレーヌ,A.ランボーなどの作品にその典型を見いだす。日本では佐藤春夫の『田園の憂鬱』 (1917~19年) にこの気分が流れている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

退屈。倦怠けんたい感。 人生の-
一九世紀末のヨーロッパ文学にみられる憂鬱な感じ。
ものうげなさま。けだるいさま。憂鬱なさま。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (ennui) 意欲を失い、もの憂(う)い精神状態。一九世紀末のヨーロッパを風靡(ふうび)したデカダンス文学の底流をなす。倦怠(けんたい)。倦怠感。退屈。無聊(ぶりょう)
※それから(1909)〈夏目漱石〉八「仕舞(しまひ)にアンニュイを感じ出した」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

アンニュイの関連情報