コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンニュイ ennui(仏)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンニュイ
ennui(仏)

倦怠 (けんたい) 感。退屈。世紀末的風潮から生まれた一種の病的な気分。文学的には,生活への興味を喪失したことからくる精神的倦怠感をいう。自意識の過剰,生の空虚の自覚,あるいは常識に対する反抗的気分などが含まれる。フランス近代の小説・詩,C.-P.ボードレール,P.ベルレーヌ,A.ランボーなどの作品にその典型を見いだす。日本では佐藤春夫の『田園の憂鬱』 (1917~19年) にこの気分が流れている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アンニュイ(〈フランス〉ennui)

[名・形動]ものうい感じであること。また、そのさま。倦怠(けんたい)。「アンニュイ午後

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

アンニュイ【ennui】

退屈。倦怠けんたい感。 「人生の-」
一九世紀末のヨーロッパ文学にみられる憂鬱な感じ。
ものうげなさま。けだるいさま。憂鬱なさま。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

アンニュイの関連キーワード山本カナコ青柳文子

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アンニュイの関連情報