コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マニア マニア

5件 の用語解説(マニアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マニア
マニア

(1) mania「狂気」の意のギリシア語。 entheos (神的霊感を受けている) ,enthousiasmos (神的霊感) と密接な連関をもつプラトン哲学の主要概念で,病人の狂気とは異なる神の贈り物としての神的狂気をいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

マニア(mania)

ある物事に熱中している人。「カメラマニア」「オーディオマニア

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

マニア

《mania》イタリアファッションブランド、ジョルジオ・アルマーニのフレグランス1999年発表。調香師、ジャック・キャバリエの作。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

マニア【mania】

特定の分野・物事を好み、関連品または関連情報の収集を積極的に行う人。 「鉄道-」 「切手-」 → おたく(御宅)

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マニア
まにあ
maniaギリシア語

「狂気」の意。古代ギリシアでは肉体の病による狂気のほかに、神に由来する狂気があると考えられていた。そこには涜聖(とくせい)の罪や魂の汚れの報いとしての狂気(ホメロス、ヘロドトス、エンペドクレス学派)と神の贈与としての狂気(ディオニソス信仰――エウリピデスの『バッカスの巫女(みこ)たち』に典型的描写がみられる)の両方が含まれる。[尼ケ紀久子]

神的狂気の四形態

プラトンはその『パイドロス』において、人間にとって最大の善の源泉となる神的狂気の四形態をあげている。すなわち、(1)アポロンによる予言的狂気、(2)ディオニソスによる祭儀的狂気、(3)ムーサの女神による詩的狂気、(4)アフロディテとエロスによる愛の狂気である。このうち(1)~(3)は、当時のギリシア人にとってすでになじみの深い狂気であった。これらの狂気は人間の知識や技術を超えて、価値高きものを生み出すために、超自然的起源として措定される。他方(4)の狂気は、美しい恋人への愛(エロス)を通して美のイデアへの根源的な愛が発現した状態としてソクラテス哲学の本質にかかわるものであり、美的経験は人が自己の神的本性とその本性からの離反を自覚するための重要な契機であって、そこから神的境位への還帰の運動としての哲学が生まれるのである。このとき下界の秩序を忘れて上方のイデアの世界にあこがれるさまがはた目には狂気と映るが、その理性はむしろ人間的狂気の段階よりも覚醒(かくせい)した本来の相にある。したがってエロスの狂気は、神の恵みであると同時に理性本来の主体的活動を要請するものである。
 このように神の恵みとしての狂気には、いわば理性を放棄した状態に与えられる狂気と、理性自体に与えられる狂気があることになり、後者にあずかって高次の生へ参入することこそ哲学する者の最善の選択である。
 (3)のムーサの狂気、すなわち詩人が神がかりの熱狂状態で詩作するという観念は、プラトン以前にデモクリトス『断片17、18』にみられるが、詩神と詩人の関係そのものはさらに古く叙事詩の伝統にまでさかのぼる。芸術の自律的価値を認めたアリストテレスは詩人の天分・素質と結び付いて現れる狂気をもまた積極的に認める(『詩学』『弁論術』)。ただし、このような創作の自然的ないし超自然的契機は技術的契機(技巧)と相補的関係に置かれなければならず、人間の制作の努力は放棄されない。霊感による詩作という観念はローマ時代のキケロ『詩人アルキアース弁護』、ホラティウス『詩について』に受け継がれ、中世に断絶したが、ルネサンスとともに復活して後のロマン主義的な天才概念の胚種(はいしゅ)となる。[尼ケ紀久子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マニアの関連キーワード生活圏官許帰属特定遺贈専用権メールアートオプション(Option)通貨先物(Financial Futures)セレクティブ・インサーション玉埋め

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マニアの関連情報