コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王政復古[日本] おうせいふっこ[にほん]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王政復古[日本]
おうせいふっこ[にほん]

明治維新により武家政治を廃し君主政体に復した政体転換をさす。統治権が江戸幕府から朝廷に移ったことをいう。慶応3 (1867) 年 10月 14日,徳川慶喜は公議政体派の土佐藩主らの建白に従って政権を朝廷に返還したが,この際朝廷を名目上の統治者とし,そのもとで徳川氏を筆頭とする雄藩連合政権を樹立しようと考えていた。佐幕諸藩でも,いったん返還した政権は再び徳川氏に委任されるだろうとの楽観的観測さえあった。しかし同年9月には,薩摩藩長州藩,安芸藩 (→広島藩 ) の間では討幕の盟約がすでに結ばれており,朝廷内討幕派との提携も成立していたので,土佐藩は討幕の名目を失わせようと朝廷に働きかけた。 10月 15日,大政奉還を聴許する勅諚が下り,ここに朝廷は諸侯に参内を命じたが,佐幕派諸侯はもとより,旧幕府の政治勢力をはばかって積極的な協力を控えるものが多かった。他方討幕派の中心人物である公卿岩倉具視,薩摩藩士の西郷隆盛大久保利通らは,事態を打開するため,挙兵してクーデターに訴えようとはかった。 12月8日夜,表向きは朝敵となっていた長州藩をはじめ,討幕派公卿らの免罪が朝廷で可決されたあと,翌9日早暁,薩摩,尾張,越前,土佐,安芸の5藩兵で御所を警備し,討幕派およびこれに同調的な公卿,諸侯のみを参内させて,天皇の前で御前会議を開き,「諸事神武創業の始に原 (もと) づ」いて新しい政権が成立した旨の,いわゆる「王政復古の大号令」が発せられた。こうして成立した王政復古政府は,民族統一の象徴である皇室の親政をイデオロギーとし,のちの明治新政府へと発展する。王政復古の日,新政府は摂政,関白,京都所司代など,旧幕府時代の諸職制を廃止し,新しく総裁議定参与の「三職」を設置した。総裁には有栖川宮,議定には皇族や討幕派公卿および御所警備にあたった5藩主,参与には岩倉,西郷,大久保ら討幕派の公卿および5藩から推挙された藩士がそれぞれ任命された。ところで,復古政府を構成することになった5藩のうち,土佐,尾張,越前の3藩は,新政局を望みつつも依然旧幕府に同情的であって,新政府内は必ずしも統一されてはいなかった。王政復古の日の夜,小御所会議で,徳川氏の辞官,納地をめぐる論戦の末,岩倉を中心とする討幕派が主導権を握った。この情勢に憤慨した会津,桑名藩兵との間に開かれた鳥羽・伏見の戦いで勝った新政府はその基を固めた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android