コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

確と・聢と しかと

大辞林 第三版の解説

しかと【確と・聢と】

( 副 )
はっきりしているさま。確かであるさま。 「 -そうか」 「 -心得た」
物事を完全に行うさま。しっかりと。かたく。 「刀を-握る」 「八重にも十重にも折たる儘帯の間へ-納め/緑簑談 南翠
すき間のないさま。びっしりと。 「その国のなにがし、それがしと名のつて、廻廊に-並みゐたり/太平記 3

しっかと【確と・聢と】

( 副 )
〔「しかと」の促音添加〕
しっかりと。 「 -手を握る」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

確と・聢との関連キーワード南翠

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android