コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『古事記』 コジキ

1件 の用語解説(『古事記』の意味・用語解説を検索)

とっさの日本語便利帳の解説

『古事記』

和銅五(七一二)年に太安万侶の筆録で成立。現存する日本最古の歴史書。天地開闢から国土生成、天照大神(あまてらすおおみかみ)、須佐之男命(すさのおのみこと)など神々の活躍、国譲りと天孫降臨の神話時代、歴代天皇の事蹟と説話から構成され、古代天皇制、国家統一の由来を語る。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

『古事記』の関連キーワード太安麻呂古事記多胡碑稗田阿礼一二太安万侶紅の筆十の一二筆録和銅

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

『古事記』の関連情報