コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『古事記』 コジキ

とっさの日本語便利帳の解説

『古事記』

和銅五(七一二)年に太安万侶筆録で成立。現存する日本最古の歴史書天地開闢から国土生成、天照大神(あまてらすおおみかみ)、須佐之男命(すさのおのみこと)など神々の活躍、国譲り天孫降臨の神話時代、歴代天皇の事蹟と説話から構成され、古代天皇制、国家統一の由来を語る。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

『古事記』の関連キーワードツキヨミノミコト(月読尊)ニニギノミコト(瓊瓊杵尊)おのころ(自凝)島播磨稲日大郎姫神武東征伝説下照比売命武埴安彦命軽大娘皇女神皇産霊尊古事記学会富士谷御杖和珥武振熊四道将軍成務天皇旧事本紀太安麻呂神世七代日本書紀葦原中国大直日神

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

『古事記』の関連情報