『古事記』(読み)コジキ

とっさの日本語便利帳の解説

『古事記』

和銅五(七一二)年に太安万侶筆録で成立。現存する日本最古の歴史書天地開闢から国土生成、天照大神(あまてらすおおみかみ)、須佐之男命(すさのおのみこと)など神々の活躍、国譲り天孫降臨の神話時代、歴代天皇の事蹟と説話から構成され、古代天皇制、国家統一の由来を語る。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

『古事記』の関連情報