ワンダフル

デジタル大辞泉プラス「ワンダフル」の解説

ワンダフル

日本のテレビ番組。TBS制作の情報バラエティ。放映は1997年9月〜2002年9月。初回放映日時は月〜木曜日23時55分からの生放送出演:東幹久、原千晶、立河(たちかわ)宜子(のりこ)、辺見えみりほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

精選版 日本国語大辞典「ワンダフル」の解説

ワンダフル

〘名〙 (形動) (wonderful) 驚嘆すること。また、そのさま。すばらしいさま。
※社会主義神髄(1903)〈幸徳秋水〉七「社会主義は驚嘆(ワンダフル)すべき救世教義なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ワンダフル」の解説

ワンダフル(wonderful)

[形動]驚嘆すべきさま。すばらしいさま。すてき。「ワンダフルな景色」
[類語]絶妙上手素晴らしい巧みうまい巧妙老巧達者器用賢い素敵すてき見事みごと立派最高卓抜秀逸結構目覚ましい輝かしいたえなるえも言われぬ上出来上上物の見事結構尽くめ何より・申し分が無い・言う事無し天晴れナイス・目の覚めるよう・目に染みる冴える水際立つグーグッド良い好ましい程よい好個絶好最適

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android