コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳島[市](読み)とくしま

百科事典マイペディアの解説

徳島[市]【とくしま】

徳島県北東部の市。1889年市制。県庁所在地。吉野川河口の低地一帯を占める。中心市街は眉山(びさん)の周辺,吉野川の三角州に広がり,蜂須賀氏の城下町として発達,藩政期は藍(あい)玉の取引で繁栄。明治中期以後は綿織物,鏡台,箪笥(たんす)などの木工,金属などの工業が興り,1964年新産業都市指定以降,臨海部に重化学工業が進出。農村部では阪神市場向けの野菜栽培が盛ん。高徳線,徳島線,牟岐(むぎ)線が集まり,95年四国縦貫自動車道が通じた。スダチ,仏壇,鏡台が特産。阿波踊は有名。191.25km2。26万4548人(2010)。
→関連項目徳島[県]徳島大学

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とくしま【徳島[市]】

徳島県北東部,徳島平野東部にある県庁所在都市。1889年市制。人口26万8706(1995)。市街地は紀伊水道に臨む吉野川河口部南岸の三角州上に位置し,16世紀末に蜂須賀家政が築いた渭山(いのやま)城の城下町から発展した。吉野川流域低地のいわゆる〈北方(きたがた)〉と,南の勝浦川,那賀川下流低地を中心とした〈南方(みなみがた)〉との接点にあたり,県の政治,経済,文化の中心をなし,商業が盛んである。市街地内部には新町川,寺島川,福島川,助任(すけとう)川などの川にはさまれた三角州からなる島状の地形が多く,徳島(徳は美称)の名はこれをよく表しており,明治以降県名にも使われることになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の徳島[市]の言及

【富田荘】より

…阿波国名東郡(現,徳島市)の荘園。前身は国衙領の南助任保,津田島。…

【新島荘】より

…阿波国名東郡(現,徳島市)の荘園。756年(天平勝宝8),東大寺は西日本各地に多くの荘園を一挙に創設した。…

※「徳島[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android