コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武帝[西晋] ぶてい[せいしん]Wu-di; Wu-ti

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武帝[西晋]
ぶてい[せいしん]
Wu-di; Wu-ti

[生]青竜4(236)
[没]太煕1(290)
中国,西晋 (→) の第1代皇帝 (在位 265~290) 。姓名は司馬炎司馬昭の子。祖父司馬懿 (しばい) 以来たくわえてきた勢力によって,魏の元帝から禅譲の形式で皇帝の位を奪い,西晋朝を建てた。太康1 (280) 年江南に拠る呉を滅ぼし,天下統一を達成。統一後,大部分の州郡の軍備をやめ,占田・課田制を制定した。また一族を各地の郡王とし,強大な軍事権を与えた。帝の政治は豪族勢力との一種の均衡のうえに保たれ,庶民の存在はまったく軽視された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

武帝[西晋]の関連キーワード田制占田

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android