たっぷり(読み)タップリ

デジタル大辞泉の解説

たっぷり

[形動][文][ナリ]
満ちあふれるほど十分にあるさま。「たっぷりな水で麺(めん)をゆでる」
名詞の下に付いて、ある要素が普通よりも多めであることを表す。「皮肉たっぷり」「自信たっぷり
[副]
1に同じ。「コップにたっぷり(と)牛乳を注ぐ」
分量などに余裕のあるさま。「たっぷり(と)した仕立ての服」「時間はたっぷり(と)ある」
少なめに見積もっても、それだけの数量は十分にあるさま。「駅までたっぷり二〇分はかかる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たっぷり

( 副 ) スル
満ちあふれるほど十分なさま。たくさん。 「鍋に-(と)水を注ぐ」 「 -(と)食べる」 「時間は-ある」
まだゆとりのあるさま。十分すぎるさま。ゆったり。 「 -(と)したドレス」
その数量は十分にあるさま。 「 -一時間はかかる」
名詞の下に付いて、そのものが満ち満ちている、十分であるなどの意を表す。 「色気-」 「いやみ-」
数量を示す語の下に付いて、十分その数量がある意を表す。 「二合-入る」 「一二センチ-ある」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

たっぷりの関連情報