とっとと(読み)トットト

デジタル大辞泉の解説

[副]《「とっと」は「と(疾)くと(疾)くと」の音変化》さっさと。はやく。「とっとと失せやがれ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘副〙 (「とっと」は、形容詞「とし(疾)」の連用形「とく」を重ねた「とくとく」の変化したもの) 歩みや行動の早いさまを表わす語。さっさと、はやく。とっとっと。とんとと。
※両足院本山谷抄(1500頃)一一「一念うつりて生住異滅してとっとと移るぞ」
※浄瑠璃・女殺油地獄(1721)上「とっとと大坂へ帰って、以後をたしなましゃんせ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

三密

仏教用語。主として密教でいわれ,身密,口密,意密の総称。仏の身体と言葉と心によって行われる3つの行為は,不思議であることから三密と称される。また衆生の身体と言葉と心によって行われる3つの行為も,その隠...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

とっととの関連情報