コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぽっぽ ポッポ

デジタル大辞泉の解説

ぽっぽ[名]

《「ほっぽ」とも》ふところ。また、ふところぐあい。「ぽっぽが暖かい」

ぽっぽ[副・名]

[副](スル)
湯気・炎・煙などが盛んにたちのぼるさま。「ぽっぽと湯気が立つ」「汽車がしゅっしゅっぽっぽと走る」
からだが熱くなるさま。ほてるさま。「恥ずかしくて顔がぽっぽ(と)する」
ハトの鳴き声を表す語。
[名]
汽車をいう幼児語。汽車ぽっぽ。
ハトをいう幼児語。はとぽっぽ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぽっぽ

ふところ。ポケット。転じて、ふところ具合。 「 -に入れる」 「君の-には大分入つたらう/社会百面相 魯庵

ぽっぽ

( 副 ) スル
湯気などの立ちのぼるさま。 「頭から-(と)湯気を立てている」
火の燃えるさま。炎の上がるさま。ぱっぱ。 「ストーブの火が-(と)燃える」
体が暖まるさま。ほてるさま。 「湯上がりは体が-(と)する」
鳩の鳴き声を表す語。
汽車が蒸気を出して走る音を表す語。
( 名 )
〔その鳴き声や音から〕 鳩・汽車をいう幼児語。 「ハト-」 「汽車-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ぽっぽの関連キーワードあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。鉄道員(TETSUDOUIN)モントリオール世界映画祭北海道空知郡南富良野町映画劔岳 点の記おっぺけぺえ節大丸エナウィンおっぺけぺ節しゅっしゅっお鷹ぽっぽ汽車ぽっぽ吉野七宝実大竹しのぶ清都ありさ生まれ立ちおぽっぽ広末涼子笹野彫り小林千鶴近藤孝行

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぽっぽの関連情報