コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スマート Smart, Christopher

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スマート
Smart, Christopher

[生]1722.4.11. ケント,シップボーン
[没]1771.5.21. ロンドン
イギリスの詩人ケンブリッジ大学に学び,ロンドンに出て新聞や雑誌に寄稿,また編集に従事しながら詩作した。作品には医師 J.ヒルに対する風刺詩『ヒリアッド』 Hilliad (1753) ,聖書『詩篇』やホラチウスの翻訳があるが,最も著名なものは『ダビデ王に寄せる歌』A Song to David (63) 。狂気の発作のうちに書かれたと伝えられているが,W.ブレークや J.クレアの先駆をなす。

スマート
Smart, John

[生]1741.5.1. ノーフォーク
[没]1811.5.1. ロンドン
イギリスのミニアチュール画家。レーン美術学校,次いでドアー,R.コズウェーに学ぶ。 1762年以来美術家協会展に出品,のちにその会長となる。 85年から 10年間インドに滞在し,ミニアチュールを身につけた。帰国後はロイヤル・アカデミー展に出品。精緻をきわめたその作品は高く評価されている。同名の息子も画家。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

スマート(smart)

[形動]
からだつきや物の形がすらりとして格好がよいさま。「体重が減ってスマートになる」「スマートな船体」
行動などがきびきびして洗練されているさま。「スマートな応答」
服装や着こなしが気のきいているさま。「スマートないで立ち」
電子機器が組み込まれた。ハイテクであるさま。「スマートホン」「スマートグリッド

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

スマート【Christopher Smart】

1722‐71
イギリスの詩人。ケンブリッジ大学に学び,フェロー(特別研究員)に選ばれたが,やがて飲酒に身をもちくずし,学究生活を捨ててロンドンに出た。貧窮のうちに雑文を書きまくって暮しをたてていたが,ついに数年間精神病院に収容された。長編詩《ダビデ賛歌》はこの期間に構想されたとも,書かれたともいわれる。1763年にこれが出版されたとき,世間はこれを狂人の分裂した精神の産物とみなし,冷ややかに迎えた。スマートの死後の91年に甥が選集を出版したが,そこにも含まれていない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

スマート【smart】

( 形動 )
からだつきがほっそりしていて格好がよいさま。 「 -な体型」
手際がよく、しゃれているさま。 「やることが-だ」 「 -な服装」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スマート
すまーと
Christopher Smart
(1722―1771)

イギリスの詩人。ケンブリッジ大学を卒業、酒と放蕩(ほうとう)に身を持ち崩し、30歳ごろたびたび精神に異常をきたしては精神科病院に入る。狂気の発作の合間に書いたといわれる『ダビデへの賛歌』(1763)は、幻想の域にまで高められた宗教的情熱を歌った作品で、聖書に霊感を得た文学のなかでは傑作の一つとされる。ほかに数編の風刺詩、宗教詩があるが、晩年には借財のため投獄され、牢(ろう)の中で死んだ。[上島建吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

スマートの関連キーワードGalapagos smartphoneジョリーロジャー ~謎の文明と海賊島~究極のゴルフ ダンジョンズ&ゴルフ最強ガーディアン・クルスグルーヴコースターゼロGoogle PlayレンズスタイルカメラCamera FunレストランストーリーコネクテッドウオッチスマートファクトリーKoloFlickGeoBlocksMediaPlusチラシミュージアムCamera360ウエアラブルグラス海賊王国コロンブスCamera MXミーテ いくメモ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スマートの関連情報